『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』 第3話 感想

「#3 この戦いが終わったら」(ネタバレ注意)

sukasuka-03 (13)
技官殿は夜中に資料室あさり
ティメルの資料を探してるらしいが……ティメルって敵の事だっけ?
と思ったら次に攻めてくる敵の事か
こういうのさらっと言われてもよく解らない(;><)


sukasuka-03 (22)
で、資料から戦術を練るつもりなのかね
ネフレンも資料探しに付き合うとは親切なヤツだ


sukasuka-03 (43)sukasuka-03 (55)
思い出して「うああああああ」
は良くあるよね( ^ω^ )


sukasuka-03 (79)
「彼、今どこに居るのか知ってる?」
「ネフレンと寝てたー」

ラキシュは言葉の意味を知ってるな
コロンは健全でよろしい


sukasuka-03 (88)                   
     無題1


sukasuka-03 (106)
    無題2


sukasuka-03 (119)
「妖精郷の門を開く」とはダグウェポンを使った自爆の事らしいが、何の説明も無しに言われても解りにくい(;><)


sukasuka-03 (123)
で、ヴィレムは自爆しなくても戦える方法を考えていたと


sukasuka-03 (138)sukasuka-03 (143)
クトリにもこれまで戦ってきたプライドがあるから、ヴィレムの大口にイラッときたか?


sukasuka-03 (183)
剣をはじいて人間ごとはね飛ばすってどうよ


sukasuka-03 (193)sukasuka-03 (240)
ダグウェポンは使用者のヴェネノムを吸収して力を出すのではなく、刀身に触れた相手の力を吸収して戦う武器
つまり相手が強いほど強くなる

この時代の連中はダグウェポンの本来の機能や能力を知らなかったという事か
それとも知っててあえて妖精を死なせてたのかな?


sukasuka-03 (251)
sukasuka-03 (286)
これまでのやり方を否定されてムキになるクトリ
現実でもあるなー、こういうの
新しい考えを受け容れられない事
高齢者とかに多いんだよね


sukasuka-03 (308)
寝不足でぶっ倒れたかと思えば違うみたいだ


sukasuka-03 (321)
すげえ、テレビ電話じゃん
意外と科学進んでるな


sukasuka-03 (341)
最初から自爆前提の作戦に納得いかないナイグラート
人間食ってる生き物じゃないのか?この人


sukasuka-03 (370)
これはヴィレムの夢
500年前のラスボスをやっつけた時の記憶
え、敵やっつけたのに人類滅亡したの?


sukasuka-03 (409)
ナイグラートさん、コスプレかwww

ヴィレムの体は骨はヒビだらけで内臓も正しく機能してない
え?骨はともかく内臓悪いと死ぬだろ


sukasuka-03 (435)
-starry road to tomorrow- 
直訳は「明日への星空の道」

今回は髪にだけ色が付いた
地味に毎回変わってる
来週は羽の色かキャラが変わると予想



sukasuka-03 (449)sukasuka-03 (454)
ヴィレムは呪いで石にされて500年間眠っていた人間
あれだ、『クロムクロ』の剣之介みたいなもんか


sukasuka-03 (467)
発掘したのはナイグラートと千葉繁ボイスの鬼
ヴィレムにとっちゃ命の恩人だったのか


sukasuka-03 (480)
人間は他の全ての生物と戦って地上ごと滅びた
滅びた理由は後々語られるのかな
それはそうと他人のプライバシーべらべら喋んなよ


sukasuka-03 (504)
ガキどもみんな大喜び
単に珍しいのか、それとも人間の真似をするというレプラカーンだから元々人間が好きなのか


sukasuka-03 (545)
人間がレプラカーンを構うのはキモイ呼ばわりされるほどの事なのか!
なぜ?


sukasuka-03 (562)
「かわいい子供に優しくするのは当然だろ。女の子なら尚の事な」


sukasuka-03 (565)
「かわいいなんて見た目だけっすよ」
否定はしないんだな → かわいい

とりあえず技官殿がロリコンってことで納得するアイセアwww


sukasuka-03 (583)
妖精に羽が生えて空飛ぶのは初お目見え


sukasuka-03 (606)
(多分)戦士した先輩


sukasuka-03 (629)
高い所は寒い


sukasuka-03 (645)
急須と湯のみwww
なぜか和風
ドラゴンの口じゃ湯のみダメだろwww


sukasuka-03 (663)sukasuka-03 (667)
「キサマの内に吹く風と戦おうというのだな」
「諦めと覚悟は本質的に同じだ」
「戦士は己の胸に風を抱く」


sukasuka-03 (676)
「一位武官、言ってる事…半分も解りません
視聴者も解りません


sukasuka-03 (681)
私、実は戦士になんかなりたくなかったんです( ^ω^ )」
本音を語れるようになったクトリ


sukasuka-03 (696)sukasuka-03 (721)
武器の手入れなのにやたらファンタジー
こういうのはいいね


sukasuka-03 (743)
「カリヨンてのは雑多なタリスマンを剣の形に封じ込めたモンだからな」
「じゃあこれは誰かのお願い事の輝きね」

一つ一つは大した事ない願いのタリスマンでも集めて組み合わせると大きな力となる
意味深だな


sukasuka-03 (766)
「じゃあ戦いから生きて戻ったら何でも一つ言う事を聞いてやる
死亡フラグ立ててどうすんの


sukasuka-03 (775)
「結婚してとかそういうのパスな」       
ほっぺぷう
      無題3


sukasuka-03 (782)
「それならバターケーキって作れる?」


sukasuka-03 (783)sukasuka-03 (784)
だから食い物は縁起が悪いんだって (;・∀・)


sukasuka-03 (839)sukasuka-03 (844)
数日後、アイセア、クトリ、ネフレンの三人は出動
出来るだけの訓練は行った模様


sukasuka-03 (850)
ヴィレムが見送りに行かないのは勝機があるからなのかね


次回予告「帰らぬ者と、待ち続けた者たち」
sukasuka-03 (868)sukasuka-03 (874)
また悲しそうな展開を予想させるサブタイだな


第3話 感想まとめ

今回はクトリの色々な表情が出てきましたね。
お気に入りはジト目でほっぺぷう

1話2話はヴィレムの一人称視点で物語が進んで行きましたが、今回はクトリの視点も入るようになりました。
これからは他のキャラの内面も描写されるんでしょう。
ドンパチは無くてもいいんで、この調子でキャラクターを描いてほしいですね。

派手な展開はありませんでしたが、むしろそこが良かったと思います。

©2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする