『ハンドシェイカー』 第10話 感想

「第10話 Kitten Kitchen」(ネタバレ注意)

hand shakers-10 (1)hand shakers-10 (4)
主人公ペアは千鶴さんとこのファミレスでバイトか?
飲食業は人手不足らしいから手伝わされてるのかな


hand shakers-10 (40)
時間は戻って槇原の所で話す二人
そこに千鶴さんから電話
アルバイトしてみないかとの誘いだ


hand shakers-10 (54)
さて、バイトに行った二人

少しの間しか手を離せないなどと言ってるが、ちょっと前に2時間は大丈夫とか言ってプレメモ遊んでたじゃん
仕事中くらい大丈夫だろ


hand shakers-10 (94)hand shakers-10 (99)
とりあえず二人そろってキッチンで働く事に
大した訓練もせずいきなり調理させるインチキファミレス
ハンバーグはレンチン
でも割と美味そう


hand shakers-10 (110)
ノッポ男が言うには、千鶴さんが主人公ペアの学園祭での様子に感心したから来てもらったとの事
学生時代にバイトするのは将来の役にも立つ
その頃には主人公と小代理の手も離れるだろうと


hand shakers-10 (132)
いつの間にか千鶴さんの話になる
そこにやって来た千鶴さん、自分の噂話と感付いて問い詰め


hand shakers-10 (135)
千鶴「ハヤテは何だって?」
小代理「……大好き?」

簡潔ですばらしい意訳


hand shakers-10 (142)
それを聞いていちゃつき始めた大人たち


hand shakers-10 (166)
小代理に誘われて会長ペアがやって来た

会話の中で露骨にプレメモの宣伝が始まる
そろそろしつこいな


hand shakers-10 (205)hand shakers-10 (206)無題


hand shakers-10 (217)
タヅナ「デッドエンドエンペラー、今度お願いしていいか?m9(^Д^)」


hand shakers-10 (223)
弟「ここがおまえのデッドエンドだ!m9(*`Д´)」


hand shakers-10 (228)
千鶴さん「お待たせしました、エンペラー様♪ m9(^Д^)」

弟かわいそうwwwwww


hand shakers-10 (249)
バイト料もらって今日は終了
この後ショッピングに行く事に決定


hand shakers-10 (283)hand shakers-10 (289)
今度は名言女を見かける
マネージャーが相変わらず腰が低い
何なの?今回の取って付けたような展開


hand shakers-10 (322)
今度は槇原から電話
「人体迷路哲学展」とやらを見に近くに来てるからここで合流する事になった


ノッポ男に言われた、二人の手が離れた後の将来の事を話す主人公
hand shakers-10 (331)
「タヅナといっしょが、いい」
hand shakers-10 (333)
「そうだな、オレもだ」
これまで無かった、先の事を考える二人

気持ちに余裕が出て来た様子
しかしまだ戦いに勝ったんじゃないぞ、油断するな


hand shakers-10 (339)
そこにやってきた槇原


hand shakers-10 (354)hand shakers-10 (365)
下らない話をしている所にあの口下手男が現れた


hand shakers-10 (369)
「久々だからって僕に対しても口下手か!」
真面目な場面なのに何かワロタ


hand shakers-10 (392)hand shakers-10 (398)hand shakers-10 (399)hand shakers-10 (401)
小代理の2Pキャラみたいな美少女は「マユミ」
振袖とは中々艶やかでよろしい


hand shakers-10 (408)
槇原がどうやってマユミの命を維持しているかを聞く
という事は、やはりマユミも小代理と同様この世界で存在が維持できない体質なんだろう


hand shakers-10 (413)
事案発生に見えなくもない

このオッサンもハンドシェイカー
ま、OPでネタバレしてるし
これからこいつがいろいろと真実を語ってくれるらしい


hand shakers-10 (425)
お、過去の場面がちらっと映ったぞ
今回はここまで


次回予告
hand shakers-10 (449)
槇原の武器はアーチェリー的な物かな?


hand shakers-10 (451)
口下手さんの名前は「長岡」
コイツのはパンチかと思えばスタンガン?


hand shakers-10 (475)
色合いが小代理に似たこの女性がオカンかな


第10話 感想まとめ

最後の戦いを前に、これまで戦ったキャラが強引に出てきました。
それでも出してもらえないチェインさん(TωT)

主人公に負けた人達は皆、将来の自分の為に戦っていたんですよね。(チェインさんは知らんが)
負けても尚、目標や夢を諦めない前向きな生き方が感動させます。(チェインさんは知らんが)

対して主人公は小代理を生かす為、言うなれば現在を維持する事だけを考えて戦ってきました。
しかしラスボスっぽい敵「長岡」と「マユミ」は、言わばもう一組の「タヅナ」と「小代理」です。
主人公は勝っても負けても必ず小代理かマユミのどちらかが死んでしまうのではないでしょうか?
はたして主人公は戦えるのか?

ところで、以前「小代理のペアだった人物は行方不明」と言っていたので、昔のペアの相手は長岡で決まりです。
じゃあ槇原とマユミがペアだったんでしょうか。
でも今はペア入れ替わってるし、さて彼らに何があったのか?
これまで小出しにされていた謎がついに明かされるか?

いろいろ気になる展開ですが、正直言ってラストに向けての盛り上がりには少々欠ける気がします。
いや、結構面白いんですけどねー

画像は「©GoHands,Frontier Works,KADOKAWA/Project-HS」の著作物です


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする