『幼女戦記』 第9話 感想

「第玖話 前進準備」(ネタバレ注意)

youjo-09 (12)
移動中の列車で軍大学での知り合い、ウーガ少佐に会う


youjo-09 (20)
鉄道部が忙しいという事で大規模な作戦を予想する幼女ちゃん

少佐もペラペラ喋ってるがいかんだろ、それ
それによるとライン戦線を引っ込め、敵を呼び込んだ後でやっつける作戦だ
「203大隊」は最前線のしんがりとして出撃が予定されてるらしいが、相当な激戦が予想される

  しんがり部隊が最前線で派手に戦う
    ↓
  その隙に全軍が退却
    ↓
  追いかけてきた敵本体を包囲殲滅
    ↓
  やったね大勝利 d(⌒o⌒)b

こういう作戦らしい


youjo-09 (25)youjo-09 (41)
軍上層部の作戦会議
今回は人数が多いからかなり重要な会議だと思われる
さっきの作戦はゼートゥーアと玄田ボイスが立案した物のようだ


youjo-09 (56)youjo-09 (58)youjo-09 (81)
いつになく苦戦している「203大隊」
かなりギリギリまで粘る幼女ちゃん


youjo-09 (111)youjo-09 (114)
グランツ少尉が普通にいた
前回ラストの「ズドーン!」は何だったんだよ


youjo-09 (132)youjo-09 (135)
今回の作戦の裏にもう一つ作戦があった
敵が帝国軍を追撃したところで、敵の軍司令部をこっそり攻撃するという物だ
それを実行するのはこれまでに無い戦術が必要だ


youjo-09 (142)
そこに現われたマッド・サイエンティスト


  無題


youjo-09 (145)
久々の変顔
幼女ちゃんのトラウマがよみがえりそうなヤツが出て来た


youjo-09 (154)youjo-09 (166)youjo-09 (169)
この「V1」って実在した「V1飛行爆弾」と同じ様なデザイン
しかしこいつはブースター搭載な上、多段式でマッハ 1.5が出せる!
すごいな、こっちの世界より20年以上は進んでるぞ


youjo-09 (181)
え、魔道士が乗って飛ぶの?
有人だったのか


youjo-09 (194)youjo-09 (206)
帝国軍の撤退が共和国軍に気付かれた
ここからが作戦の本番


youjo-09 (218)youjo-09 (227)
作戦前日、緊張して落ち着かない大隊のメンバー
12人が選抜されて参加するみたいだがグランツ少尉はよく選ばれたな


youjo-09 (221)
この三箇所のどれかが敵の司令部
この全てを攻撃する作戦


youjo-09 (245)youjo-09 (246)
ゼートゥーアと玄田ボイスいつも仲がいい
またしても「203大隊」の活躍に作戦の勝敗が懸かってるのか


youjo-09 (266)youjo-09 (272)
カタパルトで打ち出すのか
中の人は加速に耐えられるんか?
てっきり航空機にぶらさげて飛ばすのかと思った


youjo-09 (306)youjo-09 (322)
お、ラストは挿入歌で盛り上げてる
これだと最後の戦いみたいだな


youjo-09 (325)youjo-09 (342)
敵司令部の破壊は成功したのか?
しかしこれだと下手すると捕虜になっちゃうな


youjo-09 (353)
Cパートなにこれ
意味が解らん
結局作戦は成功って事?


第9話 感想まとめ

これまで一番の敵として戦って来た共和国とは決着がつきそうな雰囲気です。
こうなると現実でいう所のイギリス、イタリア、ロシアあたりとの戦争に発展してゆくんでしょうか。
さらにはアメリカも控えているんで、当分戦争のネタには困らなそうです。

しかしこの世界は1920年代にしては科学技術が発達しすぎですねー。
あとちょっとすれば核爆弾的な物も出てきそうな勢いです。

画像は「© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会」の著作物です


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする