『ゴールデンカムイ』第22話 感想

「第二十二話 新月の夜に」(ネタバレ注意)

はじまった早々、この↓コーナー
無題1
22 (289)22 (361)22 (459)22 (908)
アシリパ解説員によるアイヌ文化の啓蒙コーナー
長いので3行

アイヌは鮭をカムイチェプ(神の魚)とかシペ(本当の食べ物)と呼ぶ
クッチは食べ過ぎるとケツ穴がかゆくなる
野イチゴを鮭イチゴと呼ぶ、実が赤くなると鮭が遡ってくるから

今週も勉強になった
鮭が重要な品目である事は伝わった


22 (1103)22 (1116)_stitch
「杉元…私は……怖い……
「アイヌを殺して金塊を奪ったのっぺらぼうが、私の父だったら…どうしよう……」

アシリパさんが弱音を言うのは初めてかな
そろそろラスボス登場が近いぞ


22 (2542)_stitch22 (2647)_stitch22 (2708)
網走監獄侵入作戦
川の方から侵入するらしい

22 (2737)_stitch
めっちゃ目立つ気がするのは気のせいだ


22 (2786)22 (2877)
「この計画は鮭の捕れる今しかできねぇ」
「トンネルの入り口をアイヌの小屋で偽装する」

なるほど、アイヌが漁をやってるフリをするのか
穴掘ってる場面が映画の『大脱走』を思い出したわ


22 (3660)22 (3664)
出た!フチの13番目の妹!
フチとほぼ区別つかんw


 22 (3878)
「え~うっそ~まさかまさか~?あれなの~?」

杉元は時々気色悪くなるな(;^ω^ )
隣の脱糞王はいつもの様に気色悪い


22 (3920)
「はい出ましたチタタプ!
無題2
最近あんま無かったよね、グルメコーナー
このアニメのメインコンテンツなのに

22 (3968)
「チタタプとは本来、鮭のチタタプの事を指すんだ」

無題3

つまりいつものリスやら鳥やらのチタタプはバリエーションにすぎない!
そんな事も知らないで、やれチタタプサイコーだの言っている日本人のなんと多い事か!?


22 (4366)_stitch22 (4396)_stitch22 (4509)
「おかゆにイクラを入れたチポロサヨ
「じゃがいもにイクラを潰したものを混ぜたチポロラタシケプだ」

鮭づくしか
今回のはどれも美味そう


22 (4699)22 (4735)
「インカラマッさんって言ったかね?あんたいい人いるのかい?」

ああっ!ドすけべのチ○ポ先生に目を付けられた!!
にげてー、占い女さん超逃げてー
(;><)

22 (4824)22 (4939)
「女が男の家に行ってご飯を作り、男は半分食べた器を女に渡し、女が残りを食べたら婚姻が成立する」

アイヌ文化啓蒙コーナー再び
でもガキが間に介在してるから無効じゃね?


22 (4982)
「ヒュ~!いいねえ!お熱いぜ~」
脱糞王、絶対現代人だろ(;^ω^ )


22 (5212)
ああっ、ゴールデンカムイも月がおかしい!!
この形状の月は明け方に昇ると何度言えば……

無題5

――と強情に言い張る事もできるが、それは無理がある


女の語りは長いので3行

22 (5377)_stitch22 (6072)22 (6113)_stitch
占いによるとウイルクにはもう会えない
それは自分が死ぬから
谷垣マタギの服ビリビリ・パワーアップで未来が変わるかも

それはそうとやっぱ服ビリビリは笑える


22 (6505)22 (6537)
「時が来たら、俺から改めて半分食べた飯の器を、インカラマッに渡す

ああっ、それは死亡フラグ……

無題6


22 (6642)22 (6643)_stitch
これだけの穴、たった数人じゃそうとう時間掛かるんじゃね?
つーか大きな岩一つで計画は頓挫しそう


22 (6788)
「頭を出したら看守達の酒盛りのど真ん中じゃ、洒落にならん

22 (6823)
洒落にならんじゃないか(;><)

22 (6865)
「いらーっしゃい、予定通りだな」

オッサン、「いらっしゃーい(桂三枝風)」で言いたかったに違いない

そんな事より門倉部長は実は土方の仲間だった
敵味方がわけわからん
この流れ、味方にも敵が紛れ込んでそう


22 (7038)
「のっぺらぼうは、毎日独房を移される」
「だがその移動先を、俺は正確に予想できる

犬童の前で無能なフリをしていたのは油断させる為だったようだ
昼行灯の中村主水かな


22 (7110)
「次の新月の晩に、のっぺらぼうがいる房は、ここ第四舎第六十六房だ」

おお、だからさっきの月は新月になる直前の形だったのか
一応そのあたりは考えてあったようだ


22 (7610)22 (7652)
「尾形百之助は自刃した第七師団長の妾の息子、ただの金塊目当てで軍を脱走したにしては、出自が厄介だ」

ここでスナイパー尾形の事が語られる
伏線が露骨なこのアニメの事、今後の展開に関係あるはず!

22 (7819)
「てめぇらだって、お互いに信頼があるとでも言うのかよ?

安定のシャフ度
これも伏線?


22 (7975)
占いによるとのっぺらぼうの正体がアシリパオトンの可能性は500:500
わかりにくい(;><)
つまり五分五分ダナ

しかし千回も占うって、それは占いなのか?
単に確率が1:1に収束しているだけじゃ……

22 (8197)22 (8291)
そして1001回目の占いは……

無題11

――じゃなくて……

無題7

22 (8452)22 (8498)
「迷いはいらねぇ、俺達は……確かめに行くだけだ」

無題8

ノーカンだった
脱糞王が何か良い事言ってるっぽいが気のせいだ


22 (8814)22 (8837)22 (8877)22 (9017)
で、侵入作戦開始


22 (9121)
1列で移動
「ドラクエ」かな


22 (9140)
速攻見つかっててワロタ
なにやってんの!


22 (9480)22 (9542)22 (9626)
「網走監獄・五翼放射状平屋舎房
なんだかかっこいい!
これは少ない人員で全ての獄舎を監視する為の構造らしい


22 (9698)22 (9699)
「全ての窓には鉄格子がはめられているが、唯一鉄格子の無い窓がある」
天窓さ!侵入できる場所はここ以外にねぇって事だよ」

おかしい、脱糞王が頼りがいあるキャラに変貌している


22 (10268)
横向きに吊ってると昔の特撮ヒーローっぽいwww


22 (10347)22 (10383)22 (10410)
さて、のっぺらぼうとご対面

無題7


22 (10572)
そこで、場面がキロちゃんとチ○ポ先生にチェンジ
(;^ω^ )

無題8

あれ、さっきも同じ様な流れがあったような……

22 (10656)
「怪しいぜ、あのジジイ」
ここで土方が怪しいっぽい流れに!
これは伏線つーか、もう確定だろ


気を取り直して、ごくり……の続き

22 (10689)_stitch
22 (10793)22 (10854)
「私だ…アシリパだ…小樽から会いに来た」

22 (10959)
!!!!!!(文字に出来ない悲鳴)」

無題9
これ↑ぐらいの勢いあったな

22 (10960)_stitch22 (11006)22 (11060)
「違う…アチャじゃない……」
なにこの微妙な表情(;^ω^ )

ところでどういう事?

 オッサンはのっぺらぼうではなかった
 のっぺらぼうだが、オトンではなかった

どっち?
とりあえず目の色が青くないからオトンではないな


22 (11514)
「こいつは替え玉って事か……」

のっぺらぼうじゃないっぽい


22 (11541)22 (11576)
「とにかく、俺達がハメられたのは確かだぜ」

これが土方が怪しいってやつか
伏線回収まで1分くらいでシリーズ最速だ
(;^ω^ )

当然、門倉も土方の仲間だ


22 (11672)22 (11687)
「本物に会わせる」

ガンマン都丹も土方派みたいだが、アシリパさんをのっぺらぼうに会わせるつもりらしい

もはや何がなんだか
しかしこの流れ、やはりオトンがのっぺらぼう??


22 (11958)22 (12075)22 (12103)
さらに占い女まで登場してごちゃごちゃ言ってるし
視聴者も状況を理解するのに忙しいからヤメテ!
と思ったら、コイツも第七師団と通じていた裏切り者っぽいセリフ

まあ、鶴見中尉と会ってた時点である程度は予想できたけどね
↑負け惜しみ


22 (12193)22 (12222)
噂をすればなんとやら、いいタイミングで第七師団の登場
最初、コイツらが橋を爆破したのかと思った

実は犬童の命令で第七師団を侵入させない為の作戦だ
この状況を想定して準備していたという事ダナ

――自分たちも逃げられなくなるんじゃね?
そも軍隊相手に戦えるん?


22 (12510)
「橋が吹き飛びました」
「よぉーし、これを待っていたー!」

22 (12591)_stitch22 (12560)22 (12622)
で、かっこよく雷型駆逐艦登場!
当時の最新鋭艦だよね
現代だとドンパチにイージス艦が参戦したようなもんか

このアニメに更なる要素が!!
 ・宝探し

 ~中略~

 ・艦これ ←NEW


22 (12962)22 (13038)
「のっぺらぼうとアシリパを確保せよ!!」

これ、もう鶴見中尉の勝ちでいいんじゃないかな


アイヌ文化啓蒙から始まってグルメ、そして最後は全員集合してバトル開始
ラストに向かって盛り上がってまいりました
1期のラスト前は『全員集合!』とかアホやってたのに、何?この気合の入りよう

無題10 

© 野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする