『ゴールデンカムイ』第18話 感想

「第十八話 阿仁根っ子」(ネタバレ注意)

前回の『ゴールデンカムイ』!!
17 (9205)-tile
春先の大雪山に「ゆるキャン△」に来た刺クル(刺青人皮捜索サークル)メンバー4人
寝袋も食事も現地調達するゆる~いキャンプに挑戦!
さあ、続きはどうなるかな( ^ω^ )

無題1

いや、大体合ってるだろ


18 (291)18 (360)18 (426)
第七師団を撒くために十勝方面に向かう事に決定!
ん? 十勝はマタギチームが向かっていたはず

てっきりすれ違う展開かと思ったらそこで合流しそうだ


18 (550)
で、マタギチームの動向
前回は電話が登場、今回は電報
近代文明のにおい鹿の生肉を喰らう原始のにおいが混在しててイイ感じ


18 (638)_stitch
で、その電報はほぼ暗号文(;・∀・)


18 (686)
「フチライクルシユクツクル…ライクルシユクって何だ?」

18 (754)18 (808)
「ライクルシユクは死装束です」
死期が近づくのを意識したアイヌの老人は…家族に隠れて自分の死装束を用意するのです」

今風に言えば「終活」
アシリパさんが心配で具合でも悪くなったようだ


18 (1160)18 (1218)
「アイヌは自分が死ぬ時、残された者に送る儀式をされないと死後の世界に行けないのです」

自分とこの地域でも葬儀の時は子供や孫がお棺を担ぐから、基本的な考え方は仏式でも似たようなものだと思う


アイヌ文化啓蒙コーナーはここまで
このコーナー、最近ちょっと少ないぞ
宝探しはいいからアイヌ文化やグルメをもっと!

無題2


18 (1550)
ここからはマタギの回想


18 (2817)
「鶴見中尉はカネ餅というのをご存じですか?」

18 (2830)
今回のグルメコーナーは予想外のマタギ携帯食
山で遭難した時用の非常食だ


18 (3250)18 (3350)18 (3450)
青森マタギの狩猟についての解説
アイヌばっかじゃ視聴者が飽きるから変化球を入れてきた
たまには東北もいいよね


18 (3771)18 (3779)
今度は(回想だけど)マタギが「ゆるキャン△」にチャレンジ
みんなキャンプ好き過ぎ

キャンプファイヤーまでやって楽しそうでなにより


無題4

18 (4142)
「ん?おい、このカネ餅…何か混ぜたか?

18 (4277)
解ったクルミだ、クルミ混ぜたべ源次郎」

無題5

賢吉の気分は海原雄山!


18 (4318)

無題6

マタギ野郎も山岡士郎の気分!!


18 (4530)
キャンプもグルメもおしまい
何とか生きて帰れそう


18 (4672)18 (5017)18 (5051)
マタギは妹がいるお兄ちゃんキャラだと判明
しかし妹の顔もろくに登場しないまま速攻で殺人事件が!

このアニメに更に更に新しい要素が!
 ・宝探し
 ・バトル
 ・グルメ
 ・アイヌ文化
 ・動物
 ・北海道旅行
 ・明治の科学技術
 ・雪山登山
 ・ゆるキャン△ ←NEW
 ・火曜サスペンス劇場 ←NEW


18 (5174)
「中には真っ黒に焼けた……フミの遺体がありました」

18 (5328)_stitch18 (5417)
「心臓に……刺し傷がありました」
「傍には、賢吉のマスケが……」

家族が火事で死ぬだけでも精神的にきついだろうに、それが殺人だったらどうなるんだろうか
想像もつかんな

しかしこれは冤罪の予感!
この手のドラマで直接殺人現場を描写しない時は犯人が別だったりするんだよね

無題7


18 (6022)
で、賢吉の噂を聞いて第七師団に入隊

何故入隊?
普通に調査したんじゃいかんのか?


18 (6799)18 (7001)18 (7020)
実は旅順でマタギと杉元は出会っていた!
この状況で餅の味や食感を解説するグルメ杉元にワロタ

18 (7081)_stitch18 (7270)
しかも偶然、杉元から賢吉の情報を聞いてしまうという、稀によくあるアニメ時空


18 (8070)18 (8136)
日本のカミカゼを遡る事40年前、ロシアにも爆弾特攻があった!
これは史実としてあるのかな?
ちょっと調べたけどよく解らなかったわ


18 (8504)18 (8786)
賢吉の今際の際に事件の真相が語られた!
阿仁の遺族に伝えてくれといてるけど、普通ならこんな長い話第三者にはとても覚えられないよな(;^ω^ )


18 (9379)18 (9380)
「ある日嫁が…疱瘡にかかりました……」

疱瘡は天然痘の事ダナ

非常に強い感染力を持ち、全身に膿疱を生ずる。致死率が平均で約20%から50%と非常に高い[3][4]。仮に治癒しても瘢痕(一般的にあばたと呼ぶ)を残す。

wikiより引用

大変な感染症だけど、

その後日本では、種痘は1909年の「種痘法」によって国民に定着した。

wikiより引用

その時期には予防接種もかなり広まってたらしい
が、回想シーンが1900年ごろとすると、山奥の村だとまだだったんだろうなー


18 (9514)18 (9615)
「喋れば心配して、必ずここさ来る…移しでもしたら……

18 (9812)
「谷垣家の人間から疱瘡が出たと解れば村の人間は誰も近付かなくなるし、他のマタギはみんな父や兄達と巻き狩りをしなくなる……

という感染拡大を防ぐ意味と、村八分的事情を回避する為に誰にも言えなかったもよう
今の基準で考えると病気で村八分ってひどいけど、致死率50%を回避する為には当時としては止むを得ないわな


18 (10302)18 (10340)
「もし感染してなければ…その命をどうやって使うか…自分の役目を探しなさい……

遺言か……


18 (10407)18 (10547)
結局マタギ妹を殺したのは賢吉だった

無題8

今で言う安楽死
止むを得ない事情があって犯人は悪人ではないという、サスペンスでよくあるパターン
さっきの自分の予想は大ハズレ


18 (10956)18 (10961)18 (11070)18 (11089)18 (11145)
カネ餅の味でマタギだと解った
やはり餅が伏線になっていた

「賢吉は…自分の役目を見つけて命を使いました……」

自分はそうは思えないんだが……
賢吉には「自分の役目」が見つからなかったのでは?
だから贖罪の為、あるいは死に場所を求めて軍隊に志願して、死地に赴いたのではなかろうか


18 (11226)_stitch
私の生まれてきた役目は何だろうと、毎日考えています」

復讐という生きる為の「役目」が不完全燃焼で終わってしまったから次へ進めないマタギ

ところで実家の身内に手紙か何かで真相を連絡したのかね?
身内の人たちも真相を知る事で救われるのと思うんだが

そっちのが気になってしまう


18 (11429)
「谷垣…私にはお前が必要だ」

こういう、今言って欲しい言葉がぱっと出てくるところが鶴見中尉の人望に繋がってるんだろう
どう見ても大変なヘンタイの基地外なのに、部下が付いてくるのはこういうところかもな


18 (11540)
「まずは私の為に…クルミ入りのカネ餅を作ってくれないか」

18 (11588)
「お安い御用です……」

なにこの良い感じのやりとり
今回だけ見ると中尉がまともだ

しんみりとした回想はここまで


18 (11723)18 (11779)

無題9

あれ? 十勝に行くんじゃなかったのか?
よくわからんが釧路まで行ったのか



無題10

しんみりとは終わらせないぞ!という強い意志を感じるw


18 (12162)18 (12188)
マタギと合流したところでおしまい
占い師女の「裏切り者がいる」という話でどんな騒動が起こるのか?


2期になって土方や杉元、アシリパさんとか、回想が入る事が多かったけど1話まるごと、それもマタギの回想とは予想外

このアニメのテーマはつまるところ妹のセリフにあった「命をどうやって使うか」って言葉なんだろう
命を語る為にコロコロと人が死ぬ場面が多いんだな、多分
(;^ω^ )

いいんか?それで

© 野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする