『ゴールデンカムイ』第17話 感想

「第十七話 腹の中」(ネタバレ注意)

17 (100)17 (302)
脱糞王奪還作戦で第七師団に殴りこみ!←殴りこんでない

詐欺師のジジイはまあいいとして、杉元ひでえ(;^ω^ )


17 (400)17 (468)
「白石由竹がこちらにいると聞きました、身柄を網走監獄に返してほしい

さすがに刑務所の責任者から囚人を返せと言われたら無下には断れないだろう
――という作戦か

今、脱糞王を求めて二つの陣営が火花を散らせているのだ!
脱糞王の人生でこれほどモテモテだった時はあるまい

無題1

問題はどちらもオッサンだという事(ヽ’ω`)


17 (1875)17 (1963)
これ、百円札が400枚だから4万円
現代でも既に結構な金額だが、当時の1円が現代の 4000~10000円程度の価値だから……
――今の価値だと約1.6億~4億円!
でも偽札か(´・ω・`)


17 (2263)17 (2281)17 (2310)
偽札の原版を交渉材料にして脱糞王をよこせと交渉する
……??

なんでそこまでして脱糞王を欲しがるんだ?と疑われるんじゃね?
普通に考えておかしいよな


17 (2786)17 (2973)
この時代にはもう電話があった!
ちょっと調べると明治25年頃には、公衆電話なら庶民でも利用できる状況になっていたようだ

明治後半の科学力はかなり昭和に近い雰囲気
ほんの40年前は侍が刀差してたとは思えない


17 (3115)
中佐はしっかり騙されてくれそう
やったね、詐欺師のオッサンちゃん!


17 (3401)
(こっちの何のつもりかわかんねぇのは、服を見るに杉元)

何のつもりかわかんねえワロタ
これはさすがに脱糞王に同意せざるをえない


17 (3435)17 (3436)
お、新キャラ登場
これまた濃いいのが出てきたな
コイツは「鯉登(こいと)少尉」
ネットで調べると全国で210~230人の比較的珍しい名前だ


17 (3690)_stitch
「犬童さん……ちんちんぬきなっもしたなぁ」

無題2

17 (4039)

無題3

ふー、びっくりした
一時はどうなるかと思ったわ


17 (4120)-tile
そして始まる薩摩弁合戦!
字幕が出てるのワロタ
外国語かよwww


17 (4367)
いきなり撃たれた(;><)
会話の中でヘマをやらかしてバレたぞ!

杉元も撃たれちゃってるじゃん


17 (4446)
ジジイは即死
無茶しやがって…

短い登場だったな


17 (4595)17 (4611)
脱糞王をかばってまた撃たれた(;><)

17 (4771)17 (5121)
2箇所も撃たれた割にはピンピンしてるような
これはよくある、胸に入れていた物でダメージが少なかったパターン!


17 (5237)
飛行船が登場!
なんで都合よくそんな良い物があるんだよ(;^ω^ )

前回、有坂中将が飛行船がどうのこうの言ってたのはやはり伏線だった!

17 (5387)
しかも簡単に強奪(;^ω^ )


17 (5615)
空中で泳ぐなwww
今回はギャグ回じゃないだろ!


17 (5702)17 (5722)
鯉登少尉と杉元の勝負

ごくり……

17 (6048)
――の前にスナイパー野郎に悪口を言って景気づけ

字幕www


17 (6339)_stitch17 (6379)
脱糞王の気分↓

無題4

17 (6470)

無題5


17 (6630)_stitch
どこでどうなったらこうなるんだよwww
もうわけわからんわwww


17 (7010)17 (7090)
「みんな白石を諦めようと言った、助けに行こうと言い出したのは杉元だ

無題6

ちょっと嬉しそう


17 (7278)_stitch
「お前…土方と内通してたな……

17 (7313)17 (7401)

無題7


17 (7497)17 (7580)
「白石が札幌で牛山に手渡した、辺見和雄の入れ墨の写しだ
「確認してみたが……デタラメの写しだった!」

17 (7616)
「白石は俺達を裏切ってなかった」

おお、やるじゃん脱糞王

しかしそれだったら最初から杉元に言っておけよ(;><)
そうすれば土方チームを上手く利用出来たと思うんだ

実は両方を上手く利用して、最終的に有利な方に付こうとしてたんじゃね?


17 (8052)_stitch
「取り憑かれるとその人間は素っ裸になって踊り狂う

これまた露骨な伏線が出てきたな
そう、この伏線が誰に当てはまるのか!
脱糞王とは限らない!!

アシリパさんかもしれないじゃないか!!!

無題8


17 (8126)
模型の飛行船かな?
超巨大な樹木じゃないとスケールおかしいぞ


17 (8422)
「鯉登少尉が撃った拳銃は26年式、ブタの鼻に当たってポトリと落ちたで有名な低威力の拳銃さ」

杉元がピンピンしていた理由はこれか

二・二六事件で襲撃された鈴木貫太郎は、二十六年式拳銃で至近距離から3発も銃撃されながら死を免れたため、これをして同銃の低威力さへの例証とする意見もある。

wikiより引用

ワロタ
ダメじゃんwww


17 (8740)17 (8741)_stitch
今度は春先の大雪山越え

このアニメに更に新しい要素が加わった!
 ・宝探し
 ・バトル
 ・グルメ
 ・アイヌ文化
 ・動物
 ・北海道旅行
 ・明治の科学技術紹介
 ・雪山登山 ←NEW

飛行船を登場させてまで強引に北海道要素を詰め込む……
さすがに無理が出てきたような


17 (9125)17 (9155)
「2頭同時に!」
さすがスナイパー
鹿にはいい迷惑

無題9


17 (9265)
ああ、さっきの裸踊りのフラグが!
ちっ、やっぱり脱糞王だったか

嬉しそうな脱糞王の気分↓

無題10

神様のバチが脱糞王に当たってしまった!
――というのは間違いで、これは「矛盾脱衣」といって超寒い時にやってしまう異常行動だ

体温が一定以下に下がると、体は生命の維持のためにそれ以上の体温低下を阻止しようとして、熱生産性を高め、皮膚血管収縮によって熱放散を抑制することにより、体内から温めようとする働きが強まる。このとき、体内の温度と外部の気温(体感温度)との間で温度差が生じると、極寒の環境下にもかかわらず、まるで暑い場所にいるかのような錯覚に陥り、衣服を脱いでしまうといわれる。

wikiより引用

つまり脱糞王は凍死寸前のヤバい状態という事
全裸踊りの呪いはこの現象に遭遇した人が考えたのかもしれない

恐るべし、試される大地


17 (9965)
アシリパさんと一緒にはぐれてしまった
美少女と一緒に遭難するって、何このラブコメ展開
(*´Д`*)

もうここからは大人の時間だな

無題11


17 (10014)ラブコメならここらで山小屋か洞窟を発見するところだが、ここは試される大地、そんなに甘くない
それでも鹿発見

17 (10041)17 (10264)
以前は鹿に自分を投影して撃てなかったが、今回は撃てた
やったね、杉元ちゃん

無題12


17 (10359)17 (10360)_stitch
これ鹿の体内かよ(;^ω^ )
生臭いってレベルじゃねーぞ!
美少女と密着しててもさすがにこの環境はきつい

無題13

あと息できないんじゃね?


17 (10773)17 (10820)17 (10880)
「戦場では自分を壊して、別の人間にならないと戦えない……」
「俺達はそうでもしなきゃ生き残れなかったんだ」

旅順攻略戦は激戦だったらしいからなあ
戦力50000人に対して戦死15000人だから、3人に1人は死んでる計算だ
自分だったら生き残る自信がないわ


17 (11115)_stitch
「日本に帰って来ても、元の自分に戻れない奴は心がずっと戦場にいる……

無題14

こんなん↑をこじらせたのがこのアニメの登場人物だ
(;><)


17 (11311)
ちょ、アシリパさん
鹿の体内に入り込んで鹿の肝臓を生食するって……

まるで謎の宇宙寄生生物ダナ

無題15 


17 (11744)_stitch17 (11850)
「杉元も干し柿を食べたら…戦争へ行く前の杉元に戻れるのかな……

17 (11895)17 (11934)17 (11970)
干し柿って田舎の農家のイメージがだ、そのまんまの光景
一緒に柿食ってるヤツは1話で戦死した親友

で一番下、誰だお前レベルの別人


17 (12054)
珍しく杉元が弱々しい

杉元にとって干し柿は楽しかった記憶の一部
そしてそれは悲しい事も同時に思い出させる、辛い記憶の一部でもあるんだろう


17 (12112)
「全てが終わったら…杉元の故郷へ連れて行け……
「私も…干し柿を食べてみたい……

これも伏線ダナ
最終回のラストシーンはアシリパさんが干し柿を食べるシーンですね、わかります
そこに杉元は一緒にいるのかいないのか

うはー妄想がひろがりんぐwwwww


Cパート
17 (13046)
新種のクリーチャーかな

ラストに笑わせないと死ぬ病気なのか?このアニメ


サブタイ「腹の中」って敵の基地に侵入する事だと思ったら、ラスト鹿の腹の中に入ってて後からサブタイに気付いてワロタ
それに加えて杉元の腹の中が語られたりと、いろんな意味がある深いタイトルだった

考えてみると杉元の過去(というほどではないけど)が語られるのって初めてだね
兵隊に召集されなければ平凡でも真っ当な人生を生きてたはず

杉元の心の中↓

この気持ちが涙になってしまったんだろうな

© 野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする