『はるかなレシーブ』第2話 感想

「#02 私を信じて」(ネタバレ注意)

02 (26)
ロリ時代のかなたちゃん、今とほぼ一緒でワロタ

無題1


02 (260)02 (278)02 (285)
鬼コーチの指導の下、黒・ピンクペアとの再戦の為におっぱいゆらせて真面目に練習
うむ、もっとがんばりたまえ


02 (477)02 (498)
なんと、ビーチバレーには決められたユニフォームが無い!!
つまりどんなエロいコスでも製作側の思いのまま
たのんまっせ


02 (545)
いきなりケツのドアップ!!

無題2

ヒロイン自らエロ担当
誘ってるんかおらおら

02 (642)
ケツの後のおっぱいは予想できたな

無題3

だがそれがいい(ニヤッ


02 (705)02 (714)
「ちょっとやりすぎたかな~」

手直し前がこれ↓
02 (420)
02 (243)

パンツは若干小さくなってるがブラはあまり変わってない気がする


02 (989)02 (1052)
鬼コーチの作戦で遥にレシーブとスパイクの指導
なるほど、弱い方がサーブで狙われるからレシーブ練習をする
で、レシーブした人がスパイクを打つから、自動的にこれらはセットで練習する事になるわけだ


02 (1194)
次に練習するスパイクが「カットショット」

02 (1211)
「なんか…カッコイイ
自分と同じ事考えててワロタ

02 (1306)
カットショオォォォォォット!(エコー)」
打つとき叫びそう
絶対スーパーヒーローとか水木一郎とか好きだろ、コイツ


無題4

02 (1373)
今回はゴーヤチャンプルー(食べた後の)
ハムっぽいのは絶対SPAMだな(しらんけど)

02 (1378)
こっちの豚肉は多分ラフテーというやつ(食べかけ)
暑い地域だからか、どっちも塩味が濃そう←偏見

それはそうと爺さんがいるようだが姿を見せないな
『ラブライブ』の様に男を完全に排除するつもりか?

無題5


02 (1485)
せっかくのお風呂シーンはエロも色気も無いのだった
(´・ω・`)


02 (1527)
亀の頭をかなたちゃんが自分の股間に向けて!!


02 (1589)02 (1609)02 (1685)
背が低くてスパイクが決まらなくてビーチバレーを辞めたのか?
「弱い方が狙われる」ってのは自分の事だったのかもしれんな
明らかにサーブで狙われてたようだし


02 (1877)02 (1892)
ピンク登場
ピンクは淫乱

02 (1969)
で、ピンクがベラベラかなたちゃんの事をしゃべる
かなたちゃんがボールから逃げて、そのせいで黒がエースになってしまった
だから黒は「エース」ってのに過剰に反応したわけだ


02 (2149)
「いつか遥も成美と同じ目に合うかもしれない…」
女の陰口怖す
本人そこにいるのにwww

02 (2162)02 (2179)
「でも…それでも私はかなたちゃんとやりたい
スポ根らしい熱い展開
こういうのがイイ!


02 (2403)02 (2433)_stitch
昔の水着がそのまま着れる!
つまりいろんな部位が成長していない( ^ω^ )


02 (2623)
今回の試合は黒が本気を出してきたぞ
素人相手にセコイ
やはりアイスがかかってるからだな←多分違います


02 (2633)
そしてやはり遥が狙われる

02 (2755)02 (2757)
いい感じだが……
やはりブロック(;><)


02 (2843)02 (2854)
今回もブロック(´・ω・`)
しかしそれも作戦の内
遥の心の中↓

無題6


02 (2915)
黒・ピンクペアに動きがあったぞ
作戦に感付かれたんじゃね?


02 (2975)02 (2984)
カットショオォォォォォット!(エコー)」
とは叫ばなかった

02 (3001)
が、やはり作戦は見破られていた


02 (3071)
ブロックされても余裕かましてたのを読まれたようだ
技術だけじゃなく頭脳でも圧倒されてしまったぜ
黒の心の中↓

無題7


02 (3202)02 (3203)
必殺のカットショットが破られた今、かなたちゃんがレシーブをして相手の意表を突くしかない!

02 (3323)
で、遥はサーブをスルー
これでマッチポイント
容赦なくかなたちゃんを追い込んでてワロタ

02 (3344)
かなたちゃんの方も露骨に嫌そうで更にワロタ


02 (3680)02 (3683)
根性決めてかなたちゃんがレシーブ!

02 (3698)
黒は「クララが立った」レベルで驚いてる
驚きすぎ

02 (3748)
ピンクはスパイクを打つはずのかなたちゃんをマーク
黒はかなたちゃんのレシーブにビックリドッキリで動けない
大げさすぎ


02 (3765)
そして遥がトス

……と見せかけてスパイク
02 (3781)02 (3789)02 (3792)
まさかの2アタックでピンクの意表を突いた

「勝つ為にはいかに相手の隙を突くか」というのを二重に織り込んだ作戦だった!
こういうのは燃える!!
アホの子かと思えば意外に頭の切れる遥さん、カッケー


02 (4057)
「だって私、トスの練習してなかったし

無題8
2アタックは頭使ったんじゃないんかい!
褒めて損したわ


02 (4306)
「成美さんのサーブは私を狙ってるんじゃなく、かなたちゃんを避けてるんだって
大味なヒロイン遥さん、意外と細やかな洞察力に驚いたわ
これは黒髪女もかなたちゃんから逃げてたって事

遥は逃げなかった、というか強引に逃がさなかったという方が近い


02 (4421)_stitch
「あの娘が、かなたを動かしてた…私には出来なかったのに……」
「ただ遥の方がちょっとだけ器用だっただけだよ」

黒髪女は遥に試合で負けて勝負でも負けてしまったんだな
特にかなたちゃんをめぐる勝負には惨敗
泣くのもやむなし
そして黒を独占状態のピンクの心の中↓

無題9

レズレズじゃのう(*´∀`*)


02 (4540)
で、取って付けたみたいな金髪登場でおしまい
新たなライバルの登場で続くのが昭和のスポ根みたいでワロタ

そういえば1話2話ともOP・EDは無し
これはここまでがプロローグって事なんだろう
次回からは美麗なOP・EDが入ってストーリーも本格的に始まるに違いない!!


すぐ上でここまでがプロローグと書いておいて何だが、「いい最終回だった」

遥が競技を始めるきっかけだけじゃなくて、一度ビーチバレーを辞めたかなたちゃんが復帰するという流れにもなった試合

かなたちゃんがぎりぎりまでへたれてるところに、遥の「かなたちゃん」の一言!
ごちゃごちゃ言わないのがイイ
ここから2アタックまでの流れはまさにスポ根

弱い方が作戦や知恵で強い方に一矢報いるって展開も燃える

おっぱいおけつに目が行ってしまうがお話も良くできてるよね
今後も熱い展開を期待!

© 如意自在・芳文社/はるかなレシーブ製作委員会


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする