『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』 第12話 感想

最終回「#12 世界で一番幸せな女の子」(ネタバレ注意)

sukasuka-12 (106)sukasuka-12 (118)
素手でも強いヴィレム
銃の効かないケモノにパンチで結構ダメージを与えてるwww


sukasuka-12 (766)
ネフレンは前回から結構疲労していたからそろそろヤバそう
目の色が赤くなってるのは限界が近い描写か


sukasuka-12 (849)sukasuka-12 (883)
剣も体も絶好調!と言ってたら触手にグルグル巻きにされてしまった(;><)
ラーンピンチ


sukasuka-12 (947)sukasuka-12 (1096)
ナイスタイミングのヴィレム
今度はキックでケモノをぶっ飛ばす
もう何でもあり


sukasuka-12 (1200)sukasuka-12 (1235)
「命の方が大事」と言ってたブタのオッサンか
やっぱモブが半端に目立つとろくな事にならないな


sukasuka-12 (1286)
ラーンのひざまくら(*´ω`*)
でもケガ人をひざまくらしてはイカンと思う


sukasuka-12 (1372)sukasuka-12 (1398)
「俺、昔な…勇者をやってたんだ
www
勇者が職業ってアニメやラノベは時々あるけど、この作品でしかも真面目な場面で言われると笑ってしまう


sukasuka-12 (1488)sukasuka-12 (1663)
「人が努力で強くなれる限界までは強くなった」
人といっても我々とは違う生き物だな
じゃないと絶対無理


sukasuka-12 (1708)sukasuka-12 (1881)
これ以上戦うとクトリの記憶は全てなくなってしまうらしい
そうなるとエルクの記憶が甦るんかね?


sukasuka-12 (1882)
-CHTHOLLY-

アイキャッチの背景が白に戻った
1話のと同じやつだな
間違い探しのアイキャッチもこれでおしまいか



sukasuka-12 (1923)sukasuka-12 (1941)
スペクタクル感ある大げさなBGMで盛り上げる
こんな音楽もあったんだな


sukasuka-12 (1954)sukasuka-12 (1963)
ネフレンにも前世の記憶が甦ってきた
まだ棒読みの声は聞こえてこないけどそろそろ限界か


sukasuka-12 (2248)sukasuka-12 (2281)
カエルいいやつだった
でもこの傾斜はヤバイ
画面で見るとざっと40度は傾いてる


sukasuka-12 (2305)
「もうじき門が開く」ってのは「妖精郷の門を開く」っていう自爆攻撃か
すっかり忘れてた
これは魔力を限界まで消耗するとダグウェポンごと爆発して、ダグウェポンだけ後に残るという謎仕様の技だったな

「もう押さえ切れない」という事は爆発を自分でコントロールできないのか


sukasuka-12 (2371)sukasuka-12 (2422)
ヴィレムのパワーならネフレンの一人くらい簡単に持ち上げられそうだがな
まさかネフレンは隠れデブ……

無題1

……ヴィレムも負傷で力が出ないみたいだ


sukasuka-12 (2646)sukasuka-12 (2657)
自分で手を離すネフレン
ネフレンって生きる事への執着ってどうなのかな?
もう命知らずの子供じゃ無い、だからこそ手を離したんだろうな


sukasuka-12 (2744)
ネフレンの気持ちを無にするヴィレム
飛べないヤツが飛び下りても助けられないだろ
既に冷静な判断力も無いようだ

しかし、このシーンは作者も悩んだんだろうなって想像できる

 ・ネフレンが自分から手を振りほどく場面
 ・ヴィレムとネフレンが一緒に落っこちる場面

この二つを絶対に描きたかったんだろうけど、これらは矛盾するからどうしても強引な展開にならざるを得ない


sukasuka-12 (2807)sukasuka-12 (2862)
1話のアバンの場面が遂にきた
この挿入歌は何度聞いてもズルイ(;><)

しかしもう戦うなって言うノフトの言葉も、この状況では説得力なさすぎる


sukasuka-12 (3028)
髪が一部青いのがクトリの記憶が残ってるって意味か
それが真っ赤に染まった
「私もう、とっくに幸せだったんだって」


sukasuka-12 (3107)sukasuka-12 (3109)
「くとり」
「がんばれ」


sukasuka-12 (3206)sukasuka-12 (3218)
ネフレンの前世の侵食も治療した!
何故かいろいろパワーアップしてるクトリ
これはやはり星神の力によるもの?


sukasuka-12 (3281)
ダグウェポンもパワーアップ!
もはや何でもあり
私TUEEEE


sukasuka-12 (3408)sukasuka-12 (3425)
戦闘シーンで「スカボロー・フェア」
ここでかかるのは予想外だわ

この歌の歌詞って「ありえない奇跡が起こったら昔の彼女とよりが戻る」みたいな意味らしい
色々な解釈があるみたいだけど、そのままの意味でもこのアニメには合ってるかな


sukasuka-12 (3474)
このクトリが全編通して一番かわいい(*´ω`*)


sukasuka-12 (3558)sukasuka-12 (3628)sukasuka-12 (3641)
ダメージ受けても平気へっちゃら
星神の力で不死になったのか?


sukasuka-12 (3677)sukasuka-12 (3689)
この爆発、絶対ヴィレム巻き込まれてるだろ


sukasuka-12 (3797)
「ヴィレム ありがとう」
 まだクトリの記憶は残ってるようだ


sukasuka-12 (3814)
「ばかやろう……」
最後まで口が悪いヴィレムワロタ


sukasuka-12 (3879)sukasuka-12 (3888)
壁面に戦死した妖精兵の写真を飾ってるみたいだ
この数だとこれまでに死んだのは10人くらい?
思ったより少ないな
 最低でも数十人は戦死者いると思ったわ

ここにあるのはトカゲ武官の下で戦死した妖精兵だけって事だろうな、多分


sukasuka-12 (3919)
遠方からでも「妖精郷の門」が開いたのは観測できるからクトリは戦死と報告されたのか
ネフレンは力尽きて落っこちたという目撃情報があるしな


sukasuka-12 (4017)sukasuka-12 (4075)sukasuka-12 (4230)
ナイグラートさん、クトリの小さい頃の事を良く知ってるみたいだが何年前から働いてるんだ?
やっぱ21歳ってのはサバ……

無題2

……15歳くらいからここで働いてるんだね


sukasuka-12 (4343)
今ケモノが攻めてきたら戦力はアイセアだけか
ダグウェポンも2本は無くしてるしこれからの戦いはキツイかも


sukasuka-12 (4419)
「ブラック・アゲイト・ソードマスター」www
せっかく忘れてたのに思い出させるなよ、「メイガス・オブ・ポーラスター」のジジイwww


sukasuka-12 (4481)
鼓動探知に二つの反応が
これは二人は生きてるって事だよね
二人?誰と誰?

やっぱクトリは……


エピローグ

この場面はクトリが生まれた時の事だね
sukasuka-12 (4585)sukasuka-12 (4611)
それは疲れて静かになったんじゃない!
窒息してグッタリしてるんだ
こんなとこで笑わせにくるなよwww

生まれた瞬間から不幸なクトリwww


sukasuka-12 (4670)
「終わりかけでせわしなくて、そのくせ全然救いの無い世界へようこそ」

いい終わり方


第12話 感想まとめ

ラスト結局どうなったのか明確には語らない、余韻のある終らせ方は良かったです。
こういうのは好みです。

原作ってこの続きがあるんですかね?
見てみたいような……見たくないような……
まあでもヴィレムとクトリの物語はこれで完結してるので、続きを見ると蛇足になってしまいそうです。

それでも、もし、万一、2期があれば見ますけど。

全体の感想として、雰囲気がいい感じの作品だと思いました。
特に音楽が良かったです。

「スカボロー・フェア」は知ってはいましたが、歌詞の意味や解釈を今回初めて調べて、なるほどと思いました。
やっぱこの曲が主題歌の方が良かったな。

感動を前面に押し出した作品ですが、いい場面は挿入歌を中心にして演出してるせいか思ったよりあっさりしていてクドくないのもいいですね。
あんまり押しが強いとかえって白ける性格なんで、このアニメくらいが丁度よかったです。

ちょっと気になったのは動物系キャラがファンシーすぎた事くらいですか。
そのせいで全体にキッズアニメっぽくなったのがちょっと残念です。
でも猫メイドさんは良かった(*´ω`*)
  この娘↓
sukasuka-06 (1484)_stitch

©2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しの男 より:

    今更ですけど、目の付け所が良いですね。
    自分は初見じゃ気付かなかった点までしっかり拾ってて尊敬しちゃいます。
    まあ、それが回収されるのは、アニメ最終回後の話(原作四巻以降)なので、アニメで回収されるとしたら二期って感じなんでしょうけど、難しいでしょうね。
    アニメ自体は、これはこれで余韻のある終わりで良いとは自分も思います。
    まさに良作以上以下でもないって感じで、良かった。